事業の方向

食料品店規格をコンビニ 規格へ移行する試験を 開始。 政府、顧客、供給業者および小売業者のための “国 内ネットワーク-国内資源 “ と題する最初のフォー ラムを開催。 東京都で開催された “INVESTOR MONGOLIA” に 参加。 商業を支えた産業」 VIP 最初の会合開催準備。 食料品店規格を「コンビニ GIFT」規格へ移行する 試験を開始。 3種類の加温機器のコンビニでの試用開始。 「商業を支える産業」 VIP第二回会合開催準備。 モンゴルと日本の共同会社設立の契約締結。 日本での3か月間の職業技能向上訓練プログラム に従業員4名、マネージャー1名が参加。 日本モンゴル共同 “BENTO” 工場開業。. “商業部門95周年 ”–国内大会開催。 モンゴルでの消費に適した飲料用加温機器の使用 を開始。 “BENTO MUIS” カフェプロジェクト始動。 日本のコンビニにて加温機器の整備士が3か月間 の研修を受ける。 モンゴル国立大学, モンゴル高専と共同し、「BENTO カフェ」プロジェクトを3つの店舗で試験的に 実施。 肉加工商品の生産、小売包装をする「S SHOKU IKU有限会社」設立。 モンゴル商工会議所主催、ロジスティックフォーラ ムにて「販売ネットワークとロジスティックシステム」と題する講演をする。

コンビニ商品を決め、原材料を見直し、基準を満た した牧場、農場を経営する「S ECO FOODS」プロジェ クトを始動。 コンビニ事業を中止し、フランチャイズビジネスを 2018年に始める決定を下す。 Store Alliance fund 有限会社設立プロジェク トをファイナンス会社として始動させるという歴史 的な決定を下す。 MZトレードアカデミーは独立会社として事業を開 始。 わさび栽培を畑と温室で試験的に開始。 ホテル及び日本居酒屋レストランの会社にモンゴ ルをアピール。 Store Alliance fund有限会社を非公開株株式 会社とすることを決定。 たばこの健全な消費について国民に情報を提供し、 販売、サービスの各事業者にサービスを紹介、外部 の専門知識を聞くため政策立案者を招き「たばこ販 売の健全な管理」と題する会議を計画し、12,000人 以上の参加を見る。 日本の正社員ビザを取得した最初の従業員が仕事 を始める。 「BENTO CAFÉ」 オープン。 販売業者のための “Ikh khuree 2017 “ 第3回国内 大会開催。 戦略的株主として範囲を拡大。 ハンオール区の販売オーナーにコンビニ規格につ いてのトレーニングを開催。

МОRA NGOの理事長月ロシアとスイスのジュネーブにて講習に 参加。 日本人教師を採用、日本語教育のプログラムを改定。 グローバル協同組合と契約、協力を拡大。 国内ブランド「SHINEMART」プロジェクトの始動を承認。 МОRA NGO の支部を3 県に開設。 2018 年1 月にStore alliance group株の 2 % をS.Gantugsに売 却、2018年末に買戻すことを決定。 コンビニ組織のスタンダードを確立。 МОRA NGOの支部を5県に開設。 モンゴルの環境や消費者に合わせて生産されたマントンボーズ 加温機の使用を開始。 モンゴルビジネスの日本での運営監督者としてMZ Shoku iku Japan有限会社の取締役会からTs.Enkhtaivanを選出。 コンビニ市場介入戦略の範囲内で、国内コンビニネットワークの プラットフォームを有する「ATMART」のプロジェクト価格とビジ ネスノウハウの査定を行い、コンビニノウハウが8,9億で評価さ れる。 日本モンゴル共同での自動車修理会社設立を決定。 МОRA NGOの支部を2県に開設。 海外出資会社になる。 労働省より日本への技能実習生送り出しの許可を得る。 モンゴルの環境と消費者に合わせて生産されたフライヤー商品 加温機の使用を開始。 МОRA NGOの店舗にてマーチャンダイジングサービスプログラ ムを確立。 トレードアカデミーに VIP クラスを開設。 トレードアカデミーにてプライベートレッスンを開始。 カナダの投資による再生可能エネルギープロジェクトに関する覚 書に署名。

マーチャンダイジングサービスプログラムを開始。 マントンボーズの受注を開始。 HAAISとの共同事業に関する覚書に署名。 日本の会社へ正社員ビザを取得した二人目の社員を派遣。 Ts.Enkhtaivanが日本のMZ Shoku iku Japan有限会社の事業 開始の準備を始める。 国際新人調理師大会に「BENTO CAFÉ」のU.Tsolmonbaatarが出 場、銅メダルを獲得。 МОRА NGOのメンバーが日本へビジネス旅行を敢行。 トレードアカデミーのマネージャー2名が日本の技能実習生の監 理団体にて7日間の研修を受ける。 3人目の社員が日本の正社員ビザを取得する。 日本に合計26人の従業員、生徒を実習生として送り出す。 日本語能力検定に22人の生徒が合格する。 ERP 会計ソフトウエアの支店代表者がSAP ERP プログラムを普 及させるため ORCHARD SAP と 中国のSAP代表企業と戦略的 基準で共同する契約を結ぶ。 販売員930名, 調理師 100名, 在庫管理者 10名,店舗管理者 3500名に専門的教育を実施し、証明書を発行。 株主  М.Tsogzolmaaがオーストラリアのシドニーで国際会計 士第20回大会に出席。 “IKH KHREE -2018” イベント開催。 販売者に最初の海外輸出講習を開催。